米で明日DEASH対策会議が開催

アメリカは、3月22日に開催されるテロ組織DEASH(ISIL)対策会議の準備を行っている。

695840
米で明日DEASH対策会議が開催

 

有志連合軍を含めた68か国の外務大臣が、首都ワシントンでテロ組織を敗北させる道を模索する。

会議は、アメリカ政権のテロ対策戦略を世界に伝えるためにも好機であると見られている。

メヴリュト・チャウショール外務大臣がトルコを代表する会議は、3月23日に終わる。

チャウショール大臣は、アメリカ側と国際社会にトルコのレッドラインを再度説明する。

アメリカ政権は、前線でテロ対策を迅速化させることを望んでいる。

この意味で、チャウショール大臣のメッセージは、より一層アメリカのレックス・ティラーソン国務長官に対してのものとなる。

従って、アメリカ政権が異なる戦略を取るかどうかは、秘密となっている国防総省の報告がどのように適用されるかに対する答えと同じになる。

アメリカ議会がトルコに重きを置く一方、一部戦略があとで変更となる可能性があるとの見方が強い。

バラク・オバマ前大統領が任命した人物たちが前線での戦略を特定するとも考えられるが、これは現在のところ難しいと見られている。

トルコのレッドラインを考慮するアプローチに向けて、政権側よりももっと前線のチームが同じ観点から物事を見る必要がある。

チャウショール大臣が会議の前日に出席するパネルディスカッションには世界の報道機関が注目している。

ワシントンに拠点を置くシンクタンク、トルコ遺産財団のパネルディスカッションに出席するチャウショール大臣は、トルコのレッドラインを国際社会に再び説明する。

 

(2017年3月21日)



注目ニュース