ウシュク国防相、シリア・マンビジに関する発言

フィクリ・ウシュク国防大臣は、シリアのマンビジ地域で重大な動きが始まったと明かし、この地域にいるクルド労働者党(PKK)やクルド民主統一党(PYD)勢力が一掃されるというトルコの要望を繰り返した。

684020
ウシュク国防相、シリア・マンビジに関する発言

 

ウシュク大臣は、バルケシルでシリアに関する新聞記者たちの質問に答えた。

シリアで、まずDEASH(ISIL)が、そして今は分離独立テロ組織 PKKとその地域分派 PYDやクルド人民防衛隊(YPG)が一部の場所を政権軍に明け渡したと明かしたウシュク大臣は、

「このことは実は、PYD、 DEASH、政権が折にふれて共に行動しているとする我々の主張を実証し、証明する進展である。」と見解を述べた。

ウシュク大臣は、アメリカがマンビジに関する約束を遵守し、テロリスト勢力をこの地から排除することを期待しているとも付け加えた。

 

(2017年3月3日)



注目ニュース