国民投票に関する期日が官報に掲載

4月16日に行われる憲法改正案の是非を問う国民投票に関する選挙期日が官報で公表された。

国民投票に関する期日が官報に掲載

 

高等選挙管理委員会が採択した決議によると、選挙期間は2月16日に始まる。

国内外の有権者名簿は、3月10日に確定される。

国外では、3月27日から4月9日に投票が行われる。

選挙運動は、4月9日に始まり、4月15日に終わる。

トルコの有権者は4月16日に投票所に向かい、憲法改正案に票を投じる。

憲法改正案が国民投票で承認されれば、国会議員数は550人から600人に増加し、国会議員の被選挙権は25歳から18歳に引き下げられる。

トルコ大国民議会(TBMM)選と大統領選は、5年ごとに同日に行われる。

大統領に選出された人物は、出身政党と関係が絶たれることはない。

 

(2017年2月14日)



注目ニュース