エミネ大統領夫人からの手紙 「涙を流す以外にすべきことがある」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領のエミネ夫人は、世界の首脳夫人たちに書簡を送り、シリアにおける人道悲劇に注意を促した。

エミネ大統領夫人からの手紙 「涙を流す以外にすべきことがある」

 

「シリアのために涙を流す以外、もっと何かをすべき時期にあります。」と述べたエミネ夫人は、国際社会が行動を起こすよう、首脳夫人たちに尽力を求めた。

エミネ夫人は書簡で、シリアで5年間に60万人以上が殺害され、700万人が家を追われ、500万人が祖国を離れることを余儀なくされたことを振り返り、

「化学兵器も利用された紛争で、子供、女性、一般市民が虐殺されました。もはやこの悲劇は耐え難いものです。」

トルコが戦争を逃れた300万人の人々を受け入れていることにも触れたエミネ夫人は、国際社会に広がる沈黙と無関心を書簡で指摘し、

「シリアのために涙を流す以外、もっと何かをすべき時期にあります。」と述べて、世界の女性たちに行動を移すよう呼びかけた。

エミネ夫人は、世界の首脳夫人たちに、

「これに関して国際社会が行動を移すよう、皆さんが尽力して下さることを心から信じています。」と呼びかけた。

 

(2016年12月26日)



注目ニュース