外務省、キプロス島交渉に関する見解

外務省のフセイン・ミュフテュオール報道官は、キプロス島交渉プロセスに関する現状について見解を述べた。

609824
外務省、キプロス島交渉に関する見解

 

トルコの期待が当事者の結果志向で建設的な認識と共に交渉が継続されることであると話したミュフテュオール報道官は、ギリシャ側の要請により、会談が1週間中断されたと明かした。

当事者の結果志向で建設的な認識と共に交渉が継続されることを期待していると話したミュフテュオール報道官は、トルコの期待が最終段階である5者会談の日程決定と2016年が終わりを迎える前にキプロス島問題で包括的な解決が得られることであると述べた。

ミュフテュオール報道官は、トルコはこの緊密化されたプロセスを決意を持って支援し続けていくと述べた。

 

(2016年11月13日)



注目ニュース