カザフスタンの2017年アスタナ国際博覧会、トルコへの期待

カザフスタンのラピル・ゾシバエフ第1外務次官は、カザフスタンの首都アスタナで開催される2017年国際博覧会・国際エネルギー・フェアへのトルコの参加を非常に重要視していると述べた。

604816
カザフスタンの2017年アスタナ国際博覧会、トルコへの期待

カザフスタンのラピル・ゾシバエフ第1外務次官は、カザフスタンの首都アスタナで開催される2017年国際博覧会・国際エネルギー・フェアへのトルコの参加を非常に重要視していると述べた。

ニューヨーク・タイムズ紙により開催され、カザフスタンの2017年国際博覧会で国際企業もスポンサーを務める「明日のためのエネルギー」会議に参加するためにフランスの首都パリを訪れたカザフスタンのラピル・ゾシバエフ第1外務次官は、博覧会の準備段階に来た最終地点と目的を評定した。

博覧会のスタンドが参加国に譲渡され始めたと話すゾシバエフ第1外務次官は、

「2017年国際博覧会の最上のスタンドの1つはトルコのスタンドとなるだろう。トルコのスタンドでエネルギー分野で達成された最新の革新と成功を目にすることができると期待している。カザフスタンはトルコに多くの観光客を送り出しており、2017年国際博覧会を通じてトルコからも多くの観光客がカザフスタンを訪れることを期待している。」と話した。

2017年国際博覧会に全世界からの大きな注目が集まっていると強調するゾシバエフ第1外務次官は、

「105か国の国が参加を確認した。G20サミットに参加した全ての国が博覧会を訪れる。少なくとも17の国際団体が参加することも光栄に思っている。」と述べた。

博覧会が目的で500万人の訪問者がアスタナに来ると予想しており、訪問者の国々のビザ問題に対処していると話すゾシバエフ第1外務次官は、

「我々はビザに関する問題を容易にするために別の活動を進めているところだ。特に、ビザが必要な54か国の国民のために必要な手続きは2017年には完了していることになる。」と述べた。

カザフスタンで2017年6月10日から9月10日まで174ヘクタールの土地で開催される2017年アスタナ国際博覧会国際エネルギー・フェアでは、トルコの960平方メートルのスタンドが、最大となる10か国の国のスタンドのうちに入っている。

 

(2016年11月6日)

 

 



注目ニュース