チャウショール外相、カタール訪問

メヴリュト・チャウショール外務大臣は、カタールを日帰りで公式訪問した。

チャウショール外相、カタール訪問

 

チャウショール大臣は、首都ドーハでの会談の一環として、首長宮殿でカタールのシェイク・タミーム・ビン・ハマド・アール・サーニーと会談した。

非公開の代表団間会談後、タミーム首長とチャウショール大臣は2者会談を行った。

その後、カタールのアブドッラー・ビン・ナーセル・アール・サーニー首相とも会談したチャウショール大臣は、ムハンマド・ビン・アブドルラフマン・アール・サーニー外務大臣と外務省で会談した。

外交筋から得られた情報によると、会談で2015年12月に初めて開会され、トラブゾンで開会予定の第2回トルコ・カタール高等戦略的協力委員会が取り上げられた。

外交筋は、レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領とタミーム首長の出席も予定されていると述べた。

シリアとイラクといった地域問題も議題となった会談で、これら問題で見解の一致があるとされている。

当事者間ではまた、両国間の政治的関係が経済関係にも反映され、相互貿易額の増加も取り上げられた。

チャウショール大臣が以前に予定していた訪問は、タミーム首長の祖父ハリーファ・ビン・ハマド・アール・サーニー元首長の死去により11月1日に延期された。

 

(2016年11月1日)



注目ニュース