ユルドゥルム首相、開通直後のオスマンガージ橋で時事問題に関するスピーチ

ビナリ・ユルドゥルム首相はアタチュルク空港でのテロ攻撃を行った者たちが特定され、容疑者29人が拘留されたと話した。

ユルドゥルム首相、開通直後のオスマンガージ橋で時事問題に関するスピーチ

 

エスキシェヒルへ向かう途中、コジャエリのオスマンガージ橋で会見したユルドゥルム首相は、トルコから送られた支援物資を輸送中の、イスラエルとの合意後に出航した船が、人道支援物資を輸送中であると強調し、

「ガザの人々は、トルコから送られた支援物資でバイラムを祝う。」と明かした。

トルコ・ロシア関係にも触れたユルドゥルム首相は、

「ロシアは、我々の古くからの隣国である。このため、関係が一時的に悪化することは、我々の望んだことではなかったが、もはやこれは過去のこととなった。我々は常に次のように話している。「今は親友を増やし、敵を減らす時である。今後、さらに異なる進展を他の諸国とも一緒に経験していく。」

 

(2016年7月3日)



注目ニュース