ユルドゥルム首相、アゼルバイジャン訪問へ

ビナリ・ユルドゥルム首相は、2日間の予定でアゼルバイジャンを公式訪問する。

ユルドゥルム首相、アゼルバイジャン訪問へ

 

ユルドゥルム首相は、訪問の一環として、アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領、アルトゥール・ラシザデ首相、オクタイ・アサドフ議会議長と会談する。

会談では、トルコ・アゼルバイジャン両国関係とカラバフ問題をはじめ、地域的国際的な進展が取り上げられる。

ユルドゥルム首相は、ハイダル・アリエフ元大統領の墓があるファフリ・フヤバン、殉職者フヤバン、トルコ殉職者墓地も訪問する。首相府広報部から行なわれた書面発表によると、ユルドゥルム首相の初の外国訪問が北キプロス・トルコ共和国(KKTC)とアゼルバイジャンとなったことは、2国との関係を重視していることの現れであるとされた。

 

(2016年6月3日)



注目ニュース