トルコ軍と連合軍がDEASHのキリス攻撃に報復

南東アナトリア地方キリス県にロケット弾による攻撃が行われた後、トルコ軍は自走砲フルトゥナで応戦した。連合軍の戦闘機も空爆作戦により協力を行い、104人のDEASH(ISIL)のテロリストが無力状態にさせられた。

トルコ軍と連合軍がDEASHのキリス攻撃に報復

 

トルコ軍参謀本部は27日、シリアからキリス県エルベイリ地区と国境警備所2か所にロケット弾6発を発射し、砲撃も行ったDEASHの陣地に対し、自走砲フルトゥナによる砲弾233発と多連装ロケット砲40台、戦車4台を使用して報復、連合軍の戦闘機もこれらの標的に対し、空爆を11回行ったと発表した。

さらに、これらの砲撃と空爆作戦により、DEASHが司令部として使用していた7棟のビルが破壊されたことも発表した。



注目ニュース