シリアのDEASHからキリスにロケット弾2発発射

4日朝、シリアから南東アナトリア地方キリス県中心部に向けて発射されたロケット弾2発に対し、報復としてDEASH(ISIL)の陣地が攻撃された。

484521
シリアのDEASHからキリスにロケット弾2発発射

 

この作戦により、DEASHのテロリスト3人が無力状態にさせられた。

ロケット弾はキリス県農業総局の庭と、農業企画地域総局の社宅の庭に着弾、死者と負傷者は発生しなかった。

しかし庭にいた動物たちは死亡した。

 

3日夜には、DEASHがシリアからキリスにロケット弾4発を発射し、それに対して行われた報復作戦によりテロリスト13人が無力状態にさせられた。

治安当局から伝えられた情報によると、キリス国境警備所の管轄地域に発射されたロケット弾4発は、警備所の建物の外の空き地に着弾した。

これを受け、ロケット弾が発射されたシリアのトゥルクマン・バリク地域にあるDEASHの陣地が検知レーダーにより確証された。

そして国境に配備された自走砲フルトゥナと多連装ロケットによる攻撃が開始された結果、DEASHのテロリスト13人が無力状態にさせられ、多数のテロリストも負傷した。

さらにこの攻撃の結果、2台の重機関銃を搭載した車両を含む4台車の車両と、同じ地域で発見された砲床3基も破壊された。

 

3日朝には、シリアからキリスにロケット弾が発射され、1人が負傷している。

 

2日夜にも、シリアからキリスにロケット弾が発射され、1人が死亡、2人が負傷している。

 

キリス県エルベイリ一時避難センターで生活していた4歳のエヤン・ゼンムちゃんは、4月29日にシリアの紛争地域から発砲された砲弾で負傷し、キリス国立病院で治療を受けていた。シリア人の女の子は負傷した5日後に死亡した。ゼンムちゃんの遺体は解剖のためにガジアンテップ法医学研究所に搬送された。



注目ニュース