在トルコ独公使館と学校が再開

トルコにあるドイツの公使館が再開される。

在トルコ独公使館と学校が再開


ドイツのスーザン・チェブリ外務省報道官は、首都ベルリンで開いた記者会見で、ここ数か月にトルコの大都市で増加している攻撃の脅威を指摘し、先週水曜日に真剣に対処すべき兆候が見られたとし、予防目的でアンカラとイスタンブールの公使館と学校を閉鎖したことを喚起した。

これに関し、上述の機関の再開は進展次第であると話していたことを強調したチェブリ報道官は、

「現在の進展の枠組みで、領事館、大使館、イスタンブールとアンカラの学校が再開できるという結論に至った。アンカラとイスタンブールの学校は、現在休暇中であるため閉鎖している。そうでなければ、再開していた。」と述べた。

すべての決定は、責任を持って、得られた情報を元に下されたと強調したチェブリ報道官は、自分の情報だけではなく、他の諜報部やセキュリティ機関と行なった連携の一環として最新評価がなされたと述べた。


(2016年3月22日)



注目ニュース