アルトゥノク内務大臣、選挙に関しコメント

セラーミ・アルトゥノク内務大臣は、11月1日の総選挙において、東部及び南東部で少なくとも50万票が6月7日総選挙時に比べ自由に投票が行われたと発言した。

364031
アルトゥノク内務大臣、選挙に関しコメント


セラーミ・アルトゥノク内務大臣は、選挙の安全性に関する非常に重要な対策が取られたことや政府の断固とした態度が投票に影響を与えたことを指摘し、「テロ組織の束縛から解放されれば、有権者の意思も自由になる。国民は、国家と共にいること感じ、民主主義的権利を自由に行使することを望み、テロを望まない。」と述べた。

 

(2015年11月6日)



キーワード:

注目ニュース