【11月1日総選挙】 国外投票用紙到着

【11月1日総選挙】 国外投票用紙到着


デュッセルドルフ、エッセン、フランクフルト、ケルン、マインツ、ミュンスター、アントウェルペン、ブリュッセル、アムステルダム、デーフェンテル、ロッテルダムで投票された投票用紙が入った403の外交袋がターキッシュエアラインズでアンカラのエセンボア空港に運ばれた。
その後すぐにベルリン、ハンブルク、ハノーファー、コペンハーゲン、ストックホルム、ロンドンからの193の外交袋もエセンボア空港に到着した。
596の投票用紙が入った袋は大型トラックに乗せられた。
投票用紙が入った袋の引き渡しの書類には、各地区の選挙委員会委員、各政党の代表、国外選挙委員会会長のハーキム・メヒリカ・アイタチ氏がサインをした。
届いた投票用紙は11月1日まで国外選挙委員会で保管される。
11月1日の夜、全国での投票が終了した後、他の投票用紙と同時に開封・集計される。

 

(2015年10月28日 水曜日 7時45分)


キーワード:

注目ニュース