ジョージア・トルコ間の第3の国境開放

ジョージアとトルコの間の第3の国境が開かれた。

ジョージア・トルコ間の第3の国境開放

 

東アナトリア地方アルダハン県上でトルコをジョージアと結ぶチュルドゥル・アクアタシュ国境門が国境開放式典後、その扉が開かれた。
チュルドゥル・アクアタシュ国境門の開放により、ジョージアを通して、トルコとコーカサスや中央アジアとの距離がさらに近くなる。
国境開放式典には、ジェナプ・アシュチュ税関通商大臣、ヤルトゥン・トプチュ文化観光大臣、ジョージアのハドゥリ財務大臣、トルコ商工会議所連合(TOBB) リファト・ヒサルジュクルオール理事長も参列した。
ジェナプ・アシュチュ税関通商大臣は国境開放式典で行った祝辞の中で、「この国境門により、ロシアとの距離がサルプ国境門に比べ130キロ短くなる」と述べた。
国境開放式典のともに、国境の通過が始まった。
現代的な建築様式が目を引く国境門は最新テクノロジーが揃っている。

 

(2015年10月18日 日曜日 19時17分)


キーワード:

注目ニュース