ダウトール首相 「武器と決別するなら対テロ作戦は実行されない」

アフメト・ダウトール首相は、イラク北部のカンディルに行われた空爆を批判する意見に対してコメントし 「武器と決別するなら対テロ作戦は実行されない」と述べた。

ダウトール首相 「武器と決別するなら対テロ作戦は実行されない」

 

北イラクから来たジャーナリストと懇談したダウトール首相は、トルコが実行しているテロ掃討作戦について語った。


ダウトール首相は、クルド労働者党(PKK)への作戦にsるニュースには不愉快な気分にさせられるものもあるとし、「この作戦はテロに対するア作戦である。PKKに対してであり、クルド人に対してではないし、クルド人を標的にしていない。唯一のクルド人の兄弟たちが国境の向こうで鼻から血を流していたら、それをふくのは我々なので、どうか安心してほしい」と語った。


解決プロセスが悪用されたと強調したダウトール首相は、武力闘争の要因が国外に出て行ったら、トルコで作戦が行われることはない、と述べた。


キーワード:

注目ニュース