エルドアン大統領、TRTで国内外の出来事を評価

エルドアン大統領は、TRTの特別番組で、国内外の状況について重大なコメントをした。

300522
エルドアン大統領、TRTで国内外の出来事を評価

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、大統領制は国家に迅速性を与え発展させると述べた。
現在のトルコの管理システムでは飛躍することはできないと述べたエルドアン大統領は、「トルコにはエネルギッシュな国民と実業家がいる。これら(トルコを発展、飛躍させること)を行うためには(今の管理システムの)問題を克服しなければならない。力強いリーダーが必要である。効率的な決定、決定までの期間短縮と安定性を測らなければならない。」と述べた。
またエルドアン大統領は、大統領宮殿の建設費への批判に対して強く反発した。
批判されたような豪華な造りではないと述べたエルドアン大統領は、批判の証拠が上がれば辞任する、そうでなければ批判した者は辞任する必要があると述べた。
エジプトの、初めて民衆から選出されたムルシー大統領への死刑判決に対しても評価を行ったエルドアン大統領は、「我々はエジプトに20億ドル送金した。しかしこの金をムルシーは使えなかった。その金は今使われているだろう。このことに対して「いい事をした。」と言えるだろうか。ムルシー政権には一文も与えなかった者たちが、軍事クーデター後に送金し始め、武器も送り始めた。エジプトのような国を発展させないためにクーデターを起こしたのである。反民主主義的なクーデターを企てているときに、西欧諸国すべてが破産し、取り残されたのである。」と述べた。


キーワード:

注目ニュース