【「日本初のアンプティサッカー国際試合を串本で」企画】 横浜FC選手が応援メッセージ

「日本初のアンプティサッカー国際試合を串本(くしもと)で」というビッグな企画を世界に先駆けて報道したTRT日本語(テーレーテーにほんご)に続けと、日本(にほん)からも応援の声が上がりだした。

【「日本初のアンプティサッカー国際試合を串本で」企画】 横浜FC選手が応援メッセージ

〜 ポスタ・ギュウェルジニ 〜 伝書鳩、飛ばそ♪ (2020年1月24日放送)

 

 

 

日本初のアンプティサッカー国際試合を串本(くしもと)でというビッグな企画を世界に先駆けて報道したTRT日本語(テーレーテーにほんご)に続けと、日本(にほん)からも応援の声が上がりだした。

 

 

串本町(くしもとちょう)が属する和歌山県(わかやまけん)の南部を中心に発行されている夕刊紙『紀伊民報』(きいみんぽう)に「障害者サッカーで日ト交流 友好130周年、串本で開催へ」というタイトルで記事が掲載された。

 

 

 

 

日本の神奈川県横浜市(かながわけん よこはまし)をホームタウンとし、Jリーグ(ジェイリーグ:)プロサッカークラブ、横浜FC(よこはまエフシー)に所属する伊野波雅彦(いのは まさひこ)選手、草野侑己(くさの ゆうき)選手、竹重安希彦(たけしげ あきひこ)選手からは応援メッセージが届いた。

 

 

 

伊野波雅彦選手

 

 

 

 

 

草野侑己選手

 

 

 

 

 

竹重安希彦選手

 

 

 

 

 

2020年1月30日 木曜日

文責: 浅野涼子

 

 

 



注目ニュース