【2020東京五輪】 トルコ女子バレー代表がオリンピック出場権を獲得

トルコ女子バレー代表が、日本(にほん)の東京(とうきょう)で開催される東京オリンピックの出場権を獲得した。

【2020東京五輪】 トルコ女子バレー代表がオリンピック出場権を獲得

 

 

 

東京オリンピック出場権をかけた女子バレーのヨーロッパ大陸別予選が1月7日、オランダのアーペルドールンで開幕した。

優勝した国が東京オリンピック行きの切符を手にすることができる。

 

トルコは決勝に進出した。

総当たり戦でB組だったトルコは決勝で、同じくB組のドイツと対戦することになった。

 

そして、東京オリンピック行きの切符の持ち主が決まる決勝が1月12日に行われた。

 

 

 

 

非常に強力なスタートを切ったトルコは、統制の取れたプレーで第1セットを25対17で取った。

 

第2セットは22対19と追いつかれたものの、動じることなく優れたパフォーマンスにより、25対19で取った。

 

2セット連取したトルコにストレート勝ちでのオリンピック出場権獲得の道が見えてきた。

 

 

 

 

第3セットでも統制の取れたプレーを崩すことがなかったトルコは、23対22に追いつかれても焦ることなく、25対22で第3セットも取り、ストレート勝ちで優勝した。

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝と同時に東京オリンピック出場の切符も獲得した。

 

 

 

 

 

 

 

 

オリンピックの女子バレーにトルコが出場するのは、2012年のロンドンオリンピックに次いで2度目となる。

 

 

 

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領はツイッター(Twitter)を通じて、「ネットのスルタン、おめでとう! 2020年東京オリンピックでの成功を願う」と書かれた祝福のカードをシェアした。

 

 

トルコ大国民議会のムスタファ・シェントプ議長もツイッター(Twitter)を通じて、「我が国に誇りを与えてくれたネットのスルタンを心から祝福する」と述べた。

 

 

トルコ共和国青年スポーツ省のメフメト・ムハッレム・カサポール大臣はメッセージを発表し、「オランダのアーペルドールンで開催された2020年東京オリンピックのヨーロッパ大陸予選で優れたパフォーマンスを見せ、オリンピック出場権を獲得したトルコ女子バレー代表を心から祝福する。

欧州選手権でも大きな成功を収め、国の名を示したトルコ女子バレー代表の今年の安定したプレーは、2020年東京オリンピックを前に我々を有り余るほど幸せにした」と述べた。

 

 

 

 

 

(2020年1月13日 月曜日)

 

 

 

 



注目ニュース