【ダウン症候群世界柔道選手権】 トルコ史上初の世界王者誕生

ポルトガルで開催されたダウン症候群の世界柔道選手権で、トルコのタルハ・アフメト・エルデム選手が金メダルを獲得し、世界王者となった。トルコから世界王者が誕生したのは初めてである。

【ダウン症候群世界柔道選手権】 トルコ史上初の世界王者誕生

 

 

 

トルコ障害者スポーツ選手・スポーツ連盟から行われた発表によると、ポルトガルのギマランイシュで開催のダウン症候群の世界柔道選手権で12月1日、T23カテゴリー男子81キロ級に出場したタルハ・アフメト・エルデム選手が金メダルを獲得した。

エルデム選手は、決勝で開催国ポルトガルのコルテ・ディオゴ選手を4対2で破り、トルコ史上初の世界王者となった。

 

T21カテゴリーに出場したメフメト・ジャン・トパル選手は、決勝でやはり開催国ポルトガルのマイア・ウーゴ選手と対戦し、1対2で銀メダルを獲得した。

 

 

 

(2019年12月2日 月曜日)

 

 

 



注目ニュース