【ベルギー】 無許可の移民がハンガーストライキを開始

ベルギーで、10年にわたり居住許可が与えられず、大学食堂や教会で生活し続けている400人の無許可の移民が、ハンガーストライキを開始した。

1658659
【ベルギー】 無許可の移民がハンガーストライキを開始

19日間ハンガーストライキを続けているモロッコ、アフガニスタン、パキスタン出身の400人の移民が、ベルギーへの入国は違法なルートからではなく、ビザを所持しているにもかかわらず居住許可が与えられないと述べている。

「私たちは町でネズミのように暮らしている」と言う移民たちは、違法労働者と同じ立場に置かれ、子どもが学校に行けず、十分な栄養も摂れていないと強調している。

欧州の真ん中で生きるために闘い、生活条件の改善を求めている移民たちは、許可申請を検証する独立した委員会の立ち上げを希望している。

ベルギー移民局の関係者によると、移民たちは居住許可に必要な手順を踏んでいない。

関係者は、移民たちは「どんな理由であれ入国しよう、その後は何とかなる」と考えて行動していると強調している。

今年1月にもデモを実施した無許可の移民たちは、関係者が解決策を講じると約束したことを受けてデモを終了した。

 

(2021年6月15日)



注目ニュース