【インド】 ロヒンギャ族のキャンプで火災、56の簡易住宅が灰に

インドの首都ニューデリー近郊でミャンマー・ラカイン州のムスリム、ロヒンギャ族が滞在しているキャンプで発生した火災で56の簡易住宅が灰になった。

1657316
【インド】 ロヒンギャ族のキャンプで火災、56の簡易住宅が灰に

 

インドのメディアが伝えたところによると、警察当局のR・P・メーナ氏はニューデリー南東部にあるカリンディ・クニ地下鉄駅近郊でロヒンギャ族が滞在するキャンプで火災が発生したことを報告した。

発生した火災でロヒンギャ族およそ270人が滞在している56の簡易住宅が燃えたと明かしたメーナ氏は、火災で負傷者は出なかったと述べた。

「火災の原因はまだ特定されておらず、必要な作業が行われている」と述べたメーナ氏は、火災は制御されていると明かした。

 

(2021年6月13日)



注目ニュース