【新型コロナウイルス】 ドイツのメルケル首相 「コロナから抜け出す道はワクチン」

ドイツのアンゲラ・メルケル首相が、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)から抜け出す道はワクチンだと発言した。

1657077
【新型コロナウイルス】 ドイツのメルケル首相 「コロナから抜け出す道はワクチン」

 


 

メルケル首相は、イギリスのコーンウォールで開催のG7(ジーセブン:主要7か国)首脳会議の最終日、記者会見をした。

 

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は、世界規模で闘うことによってのみ乗り越えることができることで合意したことを伝えたメルケル首相は、途上国へのワクチン提供について話し合ったことを明らかにした。

 

メルケル首相は、「パンデミックから抜け出す道はワクチンだ。皆にワクチンが行き渡るようにすべきであることを具体的に話し合った」と述べた。

 

メルケル首相は、G7諸国は2022年末までに途上国に合計23億回分のワクチンを提供するという意思表示があり、ドイツはこれに大きな割合で貢献すると表明した。

 

世界的なワクチン製造への支援が重要であると指摘したメルケル首相は、「ワクチン製造は、ヨーロッパやアジアだけではなく、アフリカ大陸でも行われてほしい。ドイツのバイオテクノロジー企業バイオンテック(BioNTech)がこれについて取り組んでいる。他の企業も行っている」と述べた。

 

メルケル首相は、今後新型コロナウイルスのようなパンデミックを防ぐためにWHO(ダブリュ・エイチ・オー:世界保健機関)がさらに強化される必要があると述べた。

 

 

 

(2021年6月13日 日曜日)

 

 

 



注目ニュース