アレアサ・ベネズエラ外相、コロンビアの一方的な国境開放に反発

ベネズエラはコロンビアが2019年2月から閉鎖している同国との国境を一方的に再開したことを公表したことを受けてこの決定に反発した。

1651689
アレアサ・ベネズエラ外相、コロンビアの一方的な国境開放に反発

 

ベネズエラのホルヘ・アレアサ外務大臣は発言で、国境を一方的に開放するというコロンビアの決定を批判し、

「ベネズエラ・ボリバル共和国は6月1日未明から一方的に国境を開放するというコロンビア政府の決定を時期尚早であると判断し、これを拒否する」と述べた。

コロンビア当局に二国間調整会談に向けた対話を呼びかけたアレアサ大臣は、

「このような決定は、国内で36日間続く抗議デモにおける人権侵害を隠ぺいする目的で注意を別の場所にそらそうとするコロンビア政府のあがきである。我々は健康、経済、安全保障などの事柄を協議するため対話の用意がある」と述べた。

コロンビアのイバン・ドゥケ政府がベネズエラで2019年1月23日に自身を暫定大統領に宣言した当時の国民議会議長フアン・グアイド氏を正当な大統領として認めたことから両国関係は断絶している。

ベネズエラ政府は2019年2月23日付けの発言でコロンビアの深刻かつ違法な威嚇を理由に挙げ、この国との国境を一時的に閉鎖することを決定している。

 

(2021年6月4日)



注目ニュース