アルヴィ・パキスタン大統領、イスラエルを非難

パキスタンのアリフ・アルヴィ大統領はイスラエルのパレスチナ国民に対する攻撃と違法な行為を厳しく非難した。

1639158
アルヴィ・パキスタン大統領、イスラエルを非難

 

アルヴィ大統領はパレスチナのマフムード・アッバース大統領に書簡を記し、イスラエル占領軍がアル・アクサー・モスクで礼拝中の罪なきパレスチナ人を攻撃したことにより深い遺憾と懸念を伝えた。

イスラエルがガザ地区に無差別に行った攻撃で子供も含む死者が出たことによりパレスチナ国民の苦痛を共有していることを強調したアルヴィ大統領は、死者が出たことにより弔意を伝え、負傷者の一刻も早い回復を願った。

アルヴィ大統領はイスラエルの攻撃は人道的規範、人権、国際法に反していると明かし、パキスタンはパレスチナの大義のために国際社会に行動に移らせ、パレスチナ国民の声を届けるために努力していると述べた。

アルヴィ大統領は、パレスチナは国連安全保障理事会決議に沿った、1967年以前の国境に基づいた首都をクドゥス(クドゥス:一部の国や地域では「エルサレム」と呼ばれている)とする独立したパレスチナ国家の樹立を支援していると繰り返し述べた。

 

(2021年5月13日)



注目ニュース