ネタニヤフ・イスラエル首相とガンツ・イスラエル国防相から緊張を高める発言

パレスチナ人に対するイスラエル警察の攻撃が続く中でベンヤミン・ネタニヤフ首相は発言によって緊張を高め続けている。ネタニヤフ首相は、

1638306
ネタニヤフ・イスラエル首相とガンツ・イスラエル国防相から緊張を高める発言

 

「我々は戦争の真っただ中にあり、全力で攻撃を続ける」と述べた。

ネタニヤフ首相は、ベニー・ガンツ国防大臣とアヴィブ・コチャフ参謀総長も含む軍事当局と会合を開いた。

「彼らは大きな犠牲を払うことになる」と発言してイスラエルの迫害にロケット弾で反撃するハマースを標的にする「戦争」には時間がかかると語ったネタニヤフ首相は、

「イスラエル国民の安全を確保する」と話した。

ネタニヤフ首相は攻撃の激しさとスピードを加速させると語った。

またガンツ大臣は、ガザ地区にあるターゲットに対してこれまで行われた攻撃は「ほんの始まり」であると述べた。

ガザ地区にいるパレスチナの抵抗グループは、イスラエル警察が占領下の東クドゥス(クドゥス:一部の国や地域では「エルサレム」と呼ばれている)にあるアル・アクサー・モスクとシェイク・ジャラー地区から撤退するよう設けられた猶予が切れたにもかかわらずこれが実現しないため、イスラエルに多数のロケット弾を発射し、イスラエル人5人が死亡している。

これを受けてイスラエル軍はガザ地区に対して軍事作戦「要塞の番人」を開始したことを公表している。

 

(2021年5月12日)



注目ニュース