新型コロナ中に移民4万人がEUから押し戻し

新型コロナウイルス(Covid-19)感染症中に欧州連合(EU)加盟国から少なくとも4万人の移民が違法に押し戻され、移民2000人は死亡した。

1637073
新型コロナ中に移民4万人がEUから押し戻し

 

イギリスのガーディアン紙はEU加盟国の移民に対するアプローチを詳しく調べた分析記事を公表した。

記事によると、感染症中に少なくとも4万人の移民の国境通過を阻止するために違法な手段が行使された。

身柄拘束の際に嫌がらせから拷問に至る人道外の手段が多数用いられた。

移民は殴られて裸で身体検査を受け、海の真ん中に放置された。金銭や所持品は押収された。

移民2000人以上は違法な手段に関連して死亡した。

EUの中で最長の陸路の国境を持つクロアチアは2020年に1万8000人を組織的に押し戻した。

頭に赤いスプレーペイントで十字架が描かれたという移民がおり、クロアチア警察から鞭で打たれて嫌がらせを受けたと明かした移民もいる。

ギリシャも2020年1月以降沿岸から移民6230人を押し戻した。

押し戻された移民の89パーセントに不均衡で過度の力が行使された。

 

(2021年5月9日)



注目ニュース