サリフ・イラク大統領、イラン・サウジ間の会談複数を主催したことを公表

イラクのバルハム・サリフ大統領は同国が最近サウジアラビアとイラン間の複数の対話協議を主催したことを公表した。

1634899
サリフ・イラク大統領、イラン・サウジ間の会談複数を主催したことを公表

 

サリフ大統領はベイルート研究所調査機関とのインタビューで、以前現地メディアで伝えられた「イラン政府とサウジアラビア政府間で極秘会談が行われた」という噂の真実を初めて明らかにした。

イラクはサウジアラビアとイラン間の複数の対話協議を主催したと伝えたサリフ大統領は、これら会談の日付や内容に関しては説明しなかった。サリフ大統領は、

「イランは隣国である。イランが地域的な枠組みに参加することを望む。しかし、我々は主権に関しても敏感である。イラクが紛争の場に戻ることは望まない」と述べた。

「政治的及び経済的な観点から、イラクの復興の前には長期にわたる困難がある。地域的な緊張にも直面しており、この紛争の状態が地域に広がっているのを目にしている。イラクは対立者を引き合わせようとしている」と述べたサリフ大統領は、イラクには「弱さ」や「紛争の中で溺れ死に」という選択肢はないと明かした。

サリフ大統領は、イラク人の大部分は繁栄かつ安定した国家を構築するために地域のパートナーや友好国の支援と共に発展していく意向があると説明した。

 

(2021年5月5日)



注目ニュース