ムハンマド・サウジ皇太子、「イランと良い関係を築きたい」

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子が、イランと優れた良い関係を築くことを望んで居ると述べた。

1630128
ムハンマド・サウジ皇太子、「イランと良い関係を築きたい」

ムハンマド皇太子は、サウジアラビアの国営テレビ局のインタビューで、

「イランは隣国であり、我々はイランと優れた良い関係を築くことを望んでいる」と述べた。

ムハンマド皇太子は、「イランの繫栄、イランとの互恵を望んでいる」と述べた後に、「しかし、イランとの問題は、イランの核計画や、一部地域で違法な活動をする民兵への支援、また弾道ミサイル計画などの件における不当な行為において発生している」と話した。

こうした問題の解消のためにパートナー諸国と活動していると述べたムハンマド皇太子は、問題を克服し、すべての者と前向きで良い関係を築くことを望んでいると語った。

 

(2021年4月28日)



注目ニュース