ロシア、ウクライナ人外交官1人をペルソナ・ノン・グラータに指定

ロシアは相互主義の原則として在ロシア・ウクライナ大使館に勤務する外交官1人を国外退去処分にした。

1629148
ロシア、ウクライナ人外交官1人をペルソナ・ノン・グラータに指定

 

ロシア外務省から出された声明では、4月19日にロシア人外交官が「ペルソナ・ノン・グラータ」に指定されたことによりウクライナからの「非友好的な」行為に関連して相互主義の原則としてウクライナ人外交官が「ペルソナ・ノン・グラータ」に指定されたと説明された。

ウクライナ人外交官には4月30日までにロシアを退去することが求められていると述べられた声明では、ウクライナ側がロシア人外交官に対して「敵意ある行為を行い続けた場合に」ロシアにいるウクライナ人外交官に対して追加の対策が講じられると述べられた。

 

(2021年4月27日)



注目ニュース