1915年に発生した出来事に関して国連から見解

ステファン・ドゥジャリク国連事務総長報道官は「1915年に発生した出来事」に関して「虐殺」という定義は適切な司法機関によって行われるべきであると発言した。

1626742
1915年に発生した出来事に関して国連から見解

 

アメリカが1915年に発生した出来事を「虐殺」と定義するつもりであり、これに関するアントニオ・グテーレス国連事務総長の姿勢が日次記者会見でドゥジャリク報道官に問われた。ドゥジャリク報道官は、

「国連創設前に発生した出来事に対して原則としてコメントは行わない。様々な出来事や状況に対しても申した通りである。国連から見ると、虐殺という定義は適切な司法機関によって行われるべきである」と述べた。

 

(2021年4月22日)



注目ニュース