プーチン露大統領の発言にアメリカから返答

アメリカからロシアのウラジーミル・プーチン大統領に返答があった。

1625994
プーチン露大統領の発言にアメリカから返答

 

アメリカは「(プーチン大統領が)話したことはどれも個人的なものだとは認識していない」と述べた。

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は記者会見を開いて時事問題に関して見解を述べた。

サキ報道官は、アメリカのロシアに対する制裁が望ましい結果をもたらすかどうかという質問を受けて、

「我々は制裁を科す際にこれがすぐ姿勢の変化につながるとは期待していなかった。しかし、断じて容認しがたい、続けられるべきではない行為に対して我々は明確なメッセージを送っている」と述べた。

サキ報道官はロシアに「安定した予測可能な」関係の意向があることを以前伝えていると強調し、プーチン大統領に首脳会議への招待はなお有効であると指摘した。サキ報道官は、

「この首脳会議に向けて政府高官が交渉を続けている」と述べた。

サキ報道官は、4月20日にプーチン大統領が行った発言中の「ロシアに対して何らかの挑発的な行為を行う者は、長い間これまでないほど後悔するであろう」という言葉はアメリカに対する警告であるかどうかという質問を受けて、

「我々はプーチン大統領が話したことはどれも個人的なものだとは認識していない」と述べた。

ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領に対するアメリカの暗殺計画に関する主張にも返答したサキ報道官は、

「このどれも事実に基づいていないと申すことができる」と述べた。

 

(2021年4月21日)



注目ニュース