アルメニア軍が国境のアゼルバイジャン軍とロシア軍に発砲

アルメニア軍が、アゼルバイジャン国境で任務を追っていたアゼルバイジャン軍とロシア軍に発砲した。

1626476
アルメニア軍が国境のアゼルバイジャン軍とロシア軍に発砲

アゼルバイジャン国家国境部隊司令部から行われた発表で、アルメニアのニコル・パシニャン首相が昨日(4月21日)ザンゲズル県を訪問した後に、アルメニア軍が国境地帯で挑発行為をしたことが伝えられた。

発表で、アルメニア軍がザンギラン県セイトレル村に駐留するアゼルバイジャン国境部隊とアルメニア側で任務を負うロシアの国境部隊の拠点に発砲したことが明らかにされた。

ロシアの国境部隊が、発砲したアルメニア軍兵士が酔っていたと述べてアゼルバイジャン軍兵士にこの行為に反発しないよう伝えたこと、ロシア側のこの要望によりアゼルバイジャン軍兵士が反撃しなかったことが伝えられた。

この事件の後に、アルメニア軍がロシア軍によって地域から遠ざけられたことが述べられた。

同日、グバドリ県シュルヌフ村でおよそ40台の車両とともに国境に向かったアルメニアの一団が、アゼルバイジャンに対するスローガンを叫んだことが伝えられた。

アゼルバイジャン国家国境部隊司令部は、このような挑発が再び起きれば、最も厳しい見返りを与えると警告した。

 

(2021年4月22日)



注目ニュース