核合意交渉、来週も継続へ、ロウハーニー・イラン大統領の発言

オーストリアの首都ウィーンで包括的共同行動計画(JCPOA)と呼ばれるイラン核合意の完全履行とアメリカの合意復帰が協議されている会談は来週も続けられる。

1625226
核合意交渉、来週も継続へ、ロウハーニー・イラン大統領の発言

 

欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表部を代表して欧州対外行動局のエンリケ・モラ副事務局長兼政治部部長を議長として招集された(包括的共同行動計画)共同委員会にはロシア、中国、ドイツ、イギリス、フランス、イランの政府上級代表が出席した。

会合後にEUから出された声明では、包括的共同行動計画共同委員会では2つの専門グループが進める取り組みで記録された進展が取り上げられたことが明らかにされた。

締約国が外交的な努力を継続する決意を繰り返し述べたと明かされた声明では、共同委員会は来週再び招集されると述べられた。

イランのハサン・ロウハーニー大統領も、ウィーンで続けられている核合意会合で60-70パーセントの進展があったと語った。

首都テヘランで政治活動家と一堂に会したロウハーニー大統領は、交渉で急いではいないが機会を最大限に活用すると明かし、

「ウィーンでの交渉で60-70パーセントの進展があった。アメリカが誠実に行動すれば短期間で結果が得られる」と述べた。

 

(2021年4月20日)



注目ニュース