【新型コロナウイルス】 米に入国しようとする保護者のない移民の子供の約3%が検査で陽性

アメリカの南部国境から違法ルートで入国しようとする保護者のない移民の子供達の約3パーセントが新型コロナウイルス(Covid-19)検査で陽性が出た。

1608108
【新型コロナウイルス】 米に入国しようとする保護者のない移民の子供の約3%が検査で陽性

 

アクシオス(Axios)がアメリカ保健省のデータに基づいて伝えた報道では、当局によって拘束されたあとに受けた新型コロナウイルス検査で陽性が出た保護者のない移民の子供319人がほかの子供達から隔離されたことが報告された。

報道では、テキサス州のカリーゾ・スプリングスにある庇護センターでは新型コロナウイルス検査で陽性が出た子供の割合が10パーセント台であることに注意が促された。

2020年に新型コロナウイルス検査で陽性が出た保護者のない移民の子供の割合は7.4パーセントであったと説明された報道では、この数字は2897人に相当すると述べられた。

保健省の施設には保護者のない移民の子供の子供が1万1500人以上いると説明された。

 

(2021年3月24日)



注目ニュース