【シリア】 反体制派、「ミサイル攻撃の犯人はロシア」

昨日(3月5日)、シリア北部のジェラブルス区とバーブ区の2か所に弾道ミサイルが撃ち込まれ、これにより死亡した一般市民の数は4人に達した。

1596339
【シリア】 反体制派、「ミサイル攻撃の犯人はロシア」

反体制派のシリア国民連合は、この攻撃を実行したのはロシアであると述べた。

昨夜、トルコとの国境地帯にあるジェラブルス区ハムラン地区と、バーブ区北東部タルヒン地区に弾道ミサイルが撃ち込まれ、これにより死亡した一般市民の数は3人から4人に達した。

シリア国民連合からこの攻撃に関して行われた書面の発表で、「この攻撃を、ロシアが3発のミサイルにより実行した」と述べられた。

発表で、「ロシアに責務を果たさせる、国際社会の健全な姿勢が必要である」と述べられた。

昨夜、シリア北部のユーフラテス川盾作戦実行地域内にあるジェラブルス区とバーブ区に向け、弾道ミサイルが撃ち込まれた。

標的となった地点には、後進的な方法で管理されている石油精製工場があり、多くの石油タンクが炎上した結果、激しい爆発が発生した。

 

(2021年3月6日)



注目ニュース