米、「シリア空爆は正当防衛」

アメリカが、シリアで親イラン派グループに対し実行した空爆は、正当防衛であると述べた。

1596257
米、「シリア空爆は正当防衛」

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、ホワイトハウスで記者会見に臨み、時事問題について見解を述べ、記者団の質問に答えた。

シリアでの親イラン派のグループへの攻撃実行に先立って議会議員に十分な報告を行わなかったという批判に対し、サキ報道官は、

「まず、議会における多くの委員会やグループを代表する8人のリーダーとこの件について話し合った。その後、必要な報告を行った」と述べた。

サキ報道官は、「シリアでの空爆について、もちろん、すべての法的手続きと調査を行った。この攻撃に関して我々に法的権利があることを確信している。この攻撃は、外国で任務を負うアメリカ軍兵士の正当防衛だった」と話した。

アメリカは、2月26日に、カタイブ・ヒズボラとカタイブ・サイード・アル・シュハダを含む親イラン派グループが国境検問所地帯に有する施設を攻撃した。

アメリカ国防総省は、これらの攻撃は、2月15日に発生したイラクのアルビル国際空港への攻撃、そして2月22日に発生したバグダッドの保護区域であるグリーンゾーンへの攻撃に対する報復として実行されたと述べている。

 

(2021年3月6日)



注目ニュース