新型コロナで1億6800万人以上の子どもが学校に通えず ユニセフが発表

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が原因で、この1年間で1億6800万人以上の子どもが対面授業を受けられなかった。

1595195
新型コロナで1億6800万人以上の子どもが学校に通えず ユニセフが発表

 


 

ユニセフ(UNICEF:国連児童基金)が3月に発表した新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が子どもたちにどのような影響を与えたかについてまとめられた報告書によると、子ども7人に1人、つまり2億1400万人の子どもが対面授業の4分の3以上を受けることができなかった。

 

1億6800万人以上の子どもは、学校が約1年間閉鎖されたために、対面授業を受けることができなかった。

 

14か国で2020年3月から2021年2月まで学校が閉鎖された。その3分の2がラテンアメリカとカリブ海諸国で、9800万人の子どもがその影響を受けた。

 

学校の閉鎖期間が長いのは、長い順に、パナマ、エルサルバドル、バングラデシュ、ボリビアとなった。

 

ユニセフのヘンリエッタ・フォア事務局長は、「対面授業を受けることができない子どもたちは、日々遅れを取っている。最も重い代償も、最も除外された子どもたちが払っている」とコメントした。

フォア事務局長は、学校が直ちに再開されることを優先させるよう呼びかけた。

 

ユニセフは新型コロナウイルス禍で学校に通うことができない子どもたちの存在に気づかせるために、国連本部の庭に、1億6800万人の子どもを象徴する168台の机を置いた。誰も座っていない椅子には、いわゆる日本(にほん)の「ランドセル」にあたる学校用のリュックサックが掛けられている。

 

 

 

 

(2021年3月4日 木曜日)

 

 

 



注目ニュース