【新型コロナウイルス】 オコンジョイウェアラWTO新事務局長 「ワクチン配布で差別があってはならない」

世界貿易機関(WTO)のヌゴジ・オコンジョイウェアラ新事務局長は新型コロナウイルス(Covid-19)ワクチンの配布で「差別」があってはならないと警告した。

1585341
【新型コロナウイルス】 オコンジョイウェアラWTO新事務局長 「ワクチン配布で差別があってはならない」

 

GAVIワクチンアライアンスの前理事長であったオコンジョイウェアラ事務局長はBBC局に発言した。

「富裕国の国民がワクチン接種を受ける中で貧国国がワクチンを待たざるを得ないということはあってはならない」と述べた。

オコンジョイウェアラ事務局長はこの数週間に多数の国が国内で製造されたワクチンの輸出を阻止しようとしていることに注意を促し、この状況は世界的な改善を邪魔することになると述べた。オコンジョイウェアラ事務局長は、

「変異に対して全ての国が自国民のワクチン接種のみに対して対策を取ればどの国も自分達を安全だと感じることはできない」と述べた。

アントニオ・グテーレス国連事務総長も全ての国に自国民だけでなく貧困国の国民のワクチン接種も支援する「連帯」を確立し、「ワクチンナショナリズム」を排除するよう呼びかけた。

 

(2021年2月17日)



注目ニュース