グテーレス国連事務総長、ミャンマーの抗議デモ者への力の行使に懸念を表明

アントニオ・グテーレス国連事務総長はミャンマーで発生した軍事クーデター後に抗議デモ者達に対して力が行使されたことへの懸念を表明した。

1584158
グテーレス国連事務総長、ミャンマーの抗議デモ者への力の行使に懸念を表明

 

グテーレス事務総長はステファン・ドゥジャリク国連事務総長報道官を通じて発言し、大都市に追加で装甲車が配置されたことへの懸念を表明した。

ミャンマー軍とミャンマー警察に平和な集会の権利を尊重し、抗議デモ者達を標的にしないよう呼びかけたグテーレス事務総長は、

「治安部隊が暴力に訴えたり、脅迫や嫌がらせを行うことは容認しがたい」と述べた。

政治リーダー、政府当局者、市民社会組織メンバー、メディアスタッフが身柄を拘束されたことは非常に懸念すべきことであると述べたグテーレス事務総長は、表現の自由、情報へのアクセスを確保するインターネット及び通信サービスへのアクセスは制限されるべきではないと強調した。

ミャンマーで人権や基本的自由が保護されるよう呼びかけたグテーレス事務総長は、ミャンマー軍にクリスティン・シュラーナー・ブルゲナー国連ミャンマー担当特使が状況を初めて現地で評価するために合意が交わされた条件下で同国に入国するることが許可されるよう呼びかけも行った。

 

(2021年2月15日)



注目ニュース