ザリーフ・イラン外相 「アゼルバイジャンの領土奪還は喜ばしい」

イランのモハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外務大臣はアゼルバイジャンがナゴルノ・カラバフでアルメニアの占領から領土を奪還したことを喜ばしく思うと発言した。

1570786
ザリーフ・イラン外相 「アゼルバイジャンの領土奪還は喜ばしい」

 

ロシア、アルメニア、ジョージア、トルコも対象とする地域歴訪の枠組みでアゼルバイジャンの首都バクーを訪れたザリーフ外務大臣は空港でイランのメディアに発言し、訪問の内容に関して説明した。

訪問で地域の協力を取り上げると説明したザリーフ大臣は、

「兄弟国アゼルバイジャンが領土を奪還したことを喜ばしく思う。今日アゼルバイジャン領はアゼルバイジャン国民の手中にある。国民が解放された地域にある自宅に迅速に戻れるよう支援する意向がある」と述べた。

アゼルバイジャン当局とナゴルノ・カラバフの安定、平和、復興などの事柄を協議すると述べたザリーフ大臣は、トランジット通過や南北輸送回廊に関しても交渉すると発言に付け加えた。

 

(2021年1月25日)



注目ニュース