トランプ前米大統領、アラブ首長国連邦へのF-35戦闘機売却を承認

アメリカのドナルド・トランプ前大統領が、任務の最終日にアラブ首長国連邦(UAE)へのF-35戦闘機の売却を承認する合意に署名したことが明らかにされた。

1568316
トランプ前米大統領、アラブ首長国連邦へのF-35戦闘機売却を承認

アメリカとアラブ首長国連邦の合意について知るロイター通信の情報筋のニュースで、トランプ大統領がアラブ首長国連邦政府にへの0機のF-35戦闘機と18機の無人攻撃機の売却を承認したことが伝えられた。

昨日(1月20日)就任したジョー・バイデン大統領は、この合意について検討すると述べた。

中東におけるアメリカの重要な同盟国であるアラブ首長国連邦は、長い間、アメリカからF-35戦闘機の購入を望んでいた。

アラブ首長国連邦のこの要望は、2020年11月にイスラエルとの国交が正常化した後に受け入れられた。

 

(2021年1月21日)



注目ニュース