グテーレス国連事務総長、米バイデン政権のパリ協定とWHO復帰を歓迎

アントニオ・グテーレス国連事務総長はアメリカのジョー・バイデン大統領がドナルド・トランプ前政権が離脱したパリ協定と世界保健機関(WHO)への復帰を決定したことを歓迎した。

1568371
グテーレス国連事務総長、米バイデン政権のパリ協定とWHO復帰を歓迎

 

グテーレス事務総長は書面で声明を出し、アメリカが気候変動対策で2050年までにゼロカーボンの排出目標を達成するという世界的な努力を加速することを待ち望んでいると明かした。

バイデン大統領がパリ協定への復帰を決定したこと歓迎すると表明したグテーレス事務総長は、気候危機を乗り越えるためにバイデン政権やその他首脳達と密接に取り組んでいくと説明した。

バイデン政権が世界保健機関に復帰することも歓迎したグテーレス事務総長は、新型コロナウイルス(Covid-19)感染症に対する調整の取れた対策に向けて世界保健機関への支援は重要であると強調した。

 

(2021年1月21日)



注目ニュース