【新型コロナウイルス】 フランシスコ教皇 「ワクチン接種を受ける」

カトリック界の精神的指導者でバチカン市国の元首、フランシスコ教皇がワクチン接種を受けると発言した。

1560716
【新型コロナウイルス】 フランシスコ教皇 「ワクチン接種を受ける」

 

 


フランシスコ教皇は、1月9日に放送されたイタリアのニュース放送局テレジョルナーレ5(TG5)のインタビューで、「何故『ダメ。ワクチンは危険だ』と言っている人たちがいるかわからない。医者はワクチンを皆が良くなることができるものとして、何らかの顕著な危険がないものとして進めているのなら、何故、接種を受けないのか。自滅にたどる拒否反応が見られるが、ワクチン接種は行われなければならない」と述べた。

 

さらに、「倫理的な観点から、誰もがワクチン接種を受けるべきだと信じている。これは倫理的な選択である。何故なら、新型コロナウイルスは自分の健康や命の問題だけではなく、他人の命も危険にさらすことになるからだ」と指摘した。

 

フランシスコ教皇は、バチカン市国のワクチン接種は来週始まると説明し、「わたしも申し込んだ。ワクチン接種は行われなければならない」と述べた。

 

 

 

(2021年1月10日 日曜日)

 

 

 



注目ニュース