【新型コロナウイルス】 ファイザーとバイオンテック共同開発のワクチン、イギリスでついに接種開始

歴史的瞬間が訪れた。ファイザーとバイオンテックが共同開発した新型コロナウイルスのワクチンが、世界で初めてイギリスで接種された。

1541600
【新型コロナウイルス】 ファイザーとバイオンテック共同開発のワクチン、イギリスでついに接種開始

 


 

アメリカの製薬企業ファイザー(Pfizer)とドイツのバイオテクノロジー企業バイオンテック(BioNTech)が共同で開発した新型コロナウイルスのワクチンが、世界で初めて、90歳のマーガレット・キーナンさんに接種された。

 

来週91歳の誕生日を迎えるキーナンさんは、イギリスのコヴェントリーにあるコヴェントリー大学病院で、現地時間の12月8日の朝、新型コロナウイルスのワクチンを接種した。

 

イギリス全国で、第1段階で40万人にワクチンを接種することが目指されている。

ワクチン接種は大きいセンターや病院から始められる。

一部のスタジアムやスポーツサロンのような大きな場所もワクチン接種のために使われる。かかりつけ医や薬局でも行われる。

 

第1段階でイギリス全国の50の病院に運ばれたワクチンは、マイナス70度で保管されている。

 

ベルギーからイギリスに運ばれたファイザーとバイオンテックが共同開発したワクチンは、オンラインシステムによっても状況が追跡されている。

 

ワクチンは21日間の間隔を開けて、2回目の接種が行われる。

 

介護施設にいる80歳よりも高齢の人、介護施設の職員、医療従事者に優先的にワクチンの接種が行われる。

 

91歳のエリザベス2世と夫で99歳のフィリップ王配も来週ワクチン接種を受けることが報じられている。

 

 

イギリスで新型コロナウイルスにより死亡した人の数は6万1434人、感染が確認された人の数は173万7960人になった。

 

 

イギリスの国民の多くが、新型コロナウイルス対策について、イギリス政府を批判している。行われたアンケートによると、イギリスの国民の57パーセントが、イギリス政府は新型コロナウイルス感染拡大をコントロールすることについて不十分だと考えている。

 

イギリス国内では、新型コロナウイルス対策のための制限措置への反発も続いている。

 

ある有名デパートの首都ロンドンにある支店にマスクなしで入ろうとした数百人の若者らが道を塞いだ。警察官が介入し、4人拘束された。

 

 

 

(2020年12月8日 火曜日)

 

 

 



注目ニュース