【カラバグはアゼルバイジャン】 アゼルバイジャン軍が27年ぶりにケルベジェル入り

アゼルバイジャン軍が27年間占領されていたケルベジェル入りを果たした。

1534378
【カラバグはアゼルバイジャン】 アゼルバイジャン軍が27年ぶりにケルベジェル入り

 

 

アゼルバイジャンとアルメニアとの間で署名された合意により、カラバグ山岳(ナゴルノ・カラバフ)での軍事衝突は11月10日、現地時間の0時0分をもって停止された。アルメニアはアゼルバイジャンに敗北したことを認めた。

 

合意によると、アルメニアはカラバグ山岳の7つの地域から撤退することを認めた。

 

アルメニアがケルベジェルを11月15日に明け渡すことが要求されていたが、地域の気象条件や交通条件の制限を理由に、アルメニア政府からの要請を受け、この期限が11月25日までに延長された。

 

ソーシャルメディアやロシアのメディアが公開した写真や映像から、ケルベジェルのさまざまな場所で暮らしていたアルメニア人が立ち去る前、家や学校や公共の建物に火をつけて燃やしたり、建物を壊したりしたことが確認されている。

 

アルメニア側に与えられた追加期間が現地時間の11月25日0時0分に終了したことを受け、アゼルバイジャン軍はケルベジェルに入った。

 

トルコ共和国国防省は、ソーシャルメディアを通じて、アゼルバイジャンのケルベジェル入りの成功を祝福した。

トルコ共和国国防省は、「ケルベジェルは27年ぶりに真の所有者と再会した。誇り高い月と星の国旗はこれから、礼拝の時刻を知らせるエザンの声とともに、ケルベジェルではためくことだろう」と述べた。

 

 

 

(2020年11月25日 水曜日)

 

 

 



注目ニュース