タタル・北キプロス・トルコ共和国大統領 「トルコから力をもらっている」

北キプロス・トルコ共和国のエルシン・タタル大統領は、

1515683
タタル・北キプロス・トルコ共和国大統領 「トルコから力をもらっている」

 

「我々はトルコから力をもらっている。トルコと調和して取り組むことは我々を強くしている。我々はこの方針を一緒に決定し、交渉プロセスで我々の姿勢を明確に示す」と述べた。

新たに就任したタタル大統領は、大統領就任のために10月23日に北キプロス・トルコ共和国議会で行われた宣誓式後に時事問題に見解を述べた。

東地中海にある炭化水素資源に関してトルコと100パーセント完全に協力していると明かしたタタル大統領は、

「トルコには力、船舶、掘削活動を行う能力があり、従ってこれらは我々にとって重要な豊かさである」と述べた。

タタル大統領は、キプロス島に関する交渉プロセスに対しては代替的な解決モデルが取り上げられる必要があるとも語った。

タタル大統領は、

「52年間続けられているこの交渉プロセスから何らかの結果は出なかった、なぜならキプロス島ギリシャ側の意図は明白だからである。最後にスイスのクラン・モンタナで(ムスタファ・)アクンジュ前大統領(北キプロス・トルコ共和国第4代大統領)が出席した会合で、北キプロス・トルコ共和国側のあらゆる善意にもかかわらず相手側が善意を示さず、従ってこのような形のプロセスがもはや誰の利益にもならないことやトルコも我々と意見と期待が一致していることから、もはや代替モデルが取り上げられることが必要である。主権の平等に基づいて共存する2つの国家及びそれら国家の協力をより一層交渉の席で取り上げるために闘う」と述べた。

 

(2020年10月25日)



注目ニュース