アゼルバイジャンのアリエフ大統領 「長期停戦はアルメニアが占領地域の解放を誓うことが条件」

アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領が、アルメニアが交渉内容に従い、占領している地域を空けることを真摯に誓ったときに、停戦が長期化すると発言した。

1514337
アゼルバイジャンのアリエフ大統領 「長期停戦はアルメニアが占領地域の解放を誓うことが条件」

 


 

日本(にほん)の日本経済新聞(にほんけいざいしんぶん)のインタビューに応じたアリエフ大統領は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領からカラバグ山岳(ナゴルノ・カラバフ)問題について話し合おうという要請はなかったと明かした。

 

アリエフ大統領は、人道目的の停戦は一時的なものなのか、永続的なものなのか、という質問に対して、「我々は平和的に解決したい。アルメニアが交渉内容に従い、占領している地域を空けることを真摯に誓ったときに、停戦は長期になるだろう」と答えた。

 

カラバグ山岳(ナゴルノ・カラバフ)に平和維持軍が派遣されることに反対はしていないと表明したアリエフ大統領は、「ただし、アゼルバイジャンはこの問題について、自分の条件を提示する」と述べた。

 

アリエフ大統領は、トルコはアゼルバイジャンの最も近い同盟国であるとし、「今日欧州安全保障協力機構ミンスク・グループの共同議長国を選ぶとしたら、アゼルバイジャンは絶対にトルコを候補として支持する」と断言した。

 

アリエフ大統領は、カラバグ山岳(ナゴルノ・カラバフ)で、いかなるときも住民投票は行われないことも改めて強く表明した。

 

 

 

(2020年10月23日 金曜日)

 

 

 



注目ニュース