【シリア】 ロシア戦闘機がイドリブを空爆:5人負傷

シリアのイドリブ県で、ロシアの戦闘機が民間人居住地を空爆し、民間人5人が負傷した。

1513468
【シリア】 ロシア戦闘機がイドリブを空爆:5人負傷

イドリブ民間防衛隊(ホワイトヘルメット隊)のハサン・アル・アフメト隊員はアナドル通信に発言し、ロシアの戦闘機による空爆により、アル・ラミ村で子ども2人を含む5人が負傷したと伝えた。

アル・アフメト隊員は、民間防衛隊が瓦礫の下から人々を救出する作業を続けていると述べた。

反体制派軍の航空機監視所も、この攻撃に関してソーシャルメディア上で発言し、フメイミム軍事基地を離陸したロシアの戦闘機がイドリブ南部のアル・ラミ村を空爆したと伝えた。

トルコとロシアの間では、3月5日にモスクワでシリアにおける停戦合意が結ばれている。

政権軍は停戦に違反するときがあるものの、停戦をほぼ遵守している。2017~2020年の間に民間人およそ200万人が、ロシアと政権軍の攻撃によりトルコ国境付近の地域に移住を余儀なくされた。

 

(2020年10月21日)



注目ニュース