サルマーン・サウジ国王、イスラエルとパレスチナに関するアメリカの努力への支持を表明

サウジアラビアのサルマーン・ビン・アブドゥルアジーズ国王は、同国はアメリカ政権がイスラエルとパレスチナを交渉の席に着かせて中東に平和を確立しようとする努力を支持すると発言した。

1496487
サルマーン・サウジ国王、イスラエルとパレスチナに関するアメリカの努力への支持を表明

 

サウジアラビアのサルマーン・ビン・アブドゥルアジーズ国王は、同国はアメリカ政権がイスラエルとパレスチナを交渉の席に着かせて中東に平和を確立しようとする努力を支持すると発言した。

「アメリカがパレスチナとイスラエルを交渉の席に着かせて公平かつ包括的な合意によって中東に平和を確立する方向で努力していることを支持する」と見解を述べたサルマーン国王は、リビアにおける危機への外部介入に関しては非難すると表明した。

8月4日にベイルート港で発生した爆発により人道的な大災害に直面したレバノンで発生していることに関してはヒズボラに責任があるとしたサルマーン国王は、

「レバノンの安全及び安定に向けてテロ組織ヒズボラの非武装化は必須である」と話した。

 

(2020年9月24日)



注目ニュース